ホーム > 転職のヒント > 企業人事に「会いたい!」と思わせる応募書類の書き方 <―履歴書編―>

転職のヒント

企業人事に「会いたい!」と思わせる応募書類の書き方 <―履歴書編―>

企業へのいわばラブレターである応募書類。履歴書はプロフィールや属性など個人情報を中心 にした「身分証明書」だ。中途採用では、履歴書を見て合格なら職務経歴書を見てもらえる。まず履歴書の書き方を復習だ!

これを守れば書類通過も楽勝?!履歴書作成の鉄則Best5

鉄則1:書き出しで印象を良く
手書きの場合は、黒または青のボールペンや万年筆で、丁寧に楷書で記載。
パソコンで入力する場合は変換ミスに注意しよう。
コピーでの転用や古い履歴書の使い回しは当然厳禁!

鉄則2:職歴は分かりやすい表記で
履歴書内で一番大きな割合を占める職歴欄。
全体のレイアウトを見ながら、出来るだけ明確な記載を心掛けよう。
職歴が短い場合は、業務内容などでアピールできる部分を膨らませよう

鉄則3:転職回数が多い場合は簡潔に

転職回数が多い人は、会社名、所属部署、職種や職位など必要不可決な記述があればOK 。
短期間であっても在籍した企業はすべて記すこと。

鉄則4:志望動機に力を入れよう
志望動機は大事な自己PRのスペース。
企業ごと、職種ごとによく研究を重ねてその企業のためだけの志望動機を記そう。
しかし、だらだらと長い文章を書くのはNG。要点をまとめて簡潔に、かつ的確に伝えること。
文章は何度も推敲して、自分なりのベストなものを記入しよう。
ここで人事の心を掴むかどうかで、職務経歴書を見てもらえるか、落とされるかが分かれるといっても過言ではない。

鉄則5:連絡先・連絡方法はしっかりと
見落としがちなのが連絡先。いくら書類審査を通過しても、「いつも電話が繋がらない!」「メールアドレスのスペルが違うようで届かない」という状態では不採用になることも。正確な連絡先はもちろん連絡可能な時間帯、希望する連絡方法などはしっかり明記すること。

今さら聞けない!!Q&A

Qそもそも中途採用での履歴書の役割って何?
A.学歴や社歴を一目瞭然に把握できる点がメリット。
これだけで、あまりに的外れな応募者は切られる可能性大。
逆に、職務経歴書は、履歴書では書けない業務内容の詳細を知ってもらうツールだ。その違いを把握しておこう。

Q.パソコンで作成して印刷、と手書き。どっちがいいの?

A.フォーマットが整っていれば印刷でOK。
ただし、証明写真は絶対に別途、写真を貼り付けること。
A3に出力して二つ折りでA4サイズにするのが一般的。
職務経歴書は(文字数が多いので)手書きよりPCでのファイル出力が中心だが、こちらもはA4で出力すれば紙のサイズが履歴書・職務経歴書ともに揃ってスマートな印象になる。

Q.趣味や志望動機(履歴書の右半分)も全部埋めないとダメ?
A.原則埋めること。空欄が多い=志望度合いの低さ、に思われることも。
また趣味欄は、一見アピールと関係ないように思えるが業務では図れないパーソナルな部分を見せる唯一の項目。
無理に業務と関連あることを書く必要はないので素直に書けばOK。

Q.まとめて複数の会社に応募したい!コピーした履歴書ってあり?
A.絶対NG。
コピーした履歴書から読み取れるのは「やる気・誠意のない人」という情報だけ。相手にも失礼なので絶対にやめること。

Q.うっかり書き損じてしまった…どう修正すればいい?
A.書き損じたら新しく書き直す、が原則。
黒く塗りつぶしたり、無理矢理修正した箇所は見栄えも悪く、不誠実な印象を与える。たとえ1文字であっても新しく書き直そう。

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ