ホーム > 転職のヒント > エンジニア転職 虎の巻「円満退職に向けて」

転職のヒント

エンジニア転職 虎の巻「円満退職に向けて」

辞めるからとはいえ、自分勝手に事を進めてはトラブルのもと。退社の意思表示のタイミングや周囲への配慮など、大人のマナーと常識を身につけ、“立つ鳥跡を濁さず”の精神で円満退職を目指したい。

退職までの流れをつかもう

【内定】
>>内定通知には迅速に対応しよう
オファーレターが届いたら、まずは採用担当者に連絡。連絡が遅れると入社辞退と見なされるので注意しよう。同時に複数の企業に応募していて、ほかの企業の返事待ちで保留したい場合もまずは一報を入れるべき。事情を説明すれば大抵の会社は数日は待ってくれるはずだ。その際にはちゃんと返答日時を伝えることも忘れずに。


条件確認・契約
>>条件を確認し、お互い納得した上で契約しよう
転職先の会社から提示された雇用契約条件をきちんと確認しよう。入社の意思は条件を了承した上で伝えないと、その後のトラブルにつながる可能性も。とくに面接段階で明確な給与額が提示されていない場合は必ず交渉しよう。また、入社日についてもこのタイミングで相談しておくことが必要。後の退職交渉でつまずき、入社時期がズレ込む可能性がある場合もマメに転職先には報告するようにしたい。


退職の意思表示
>>退職の意思表示は2~3ヶ月前までを目安に
まずは直属の上司に口頭で退職を申し出よう。業務の引継ぎや礼儀を考えると、2~3ヶ月前に伝えるのがマナー。ドラマなどでよく目にする唐突に退職願をつきつける行為は絶対にNG。上司の了承を得た段階で、改めて退職願を提出するようにしよう。退社日は転職先の入社日と、有給休暇の消化や業務の引継ぎ期間を考慮して、上司と相談しながら設定すること。


業務の引継ぎ
>>引継ぎは最後まで責任を持ってやり抜こう
継続中のプロジェクトは、後任者に引き継ぎを行う。情報伝達をスムーズに行うため、引継ぎ業務は文書化しておくのがベスト。その際は注意点などもわかりやすくまとめておく。また、SEなど職種によってはクライアント先への挨拶も必要になる。ここではお礼はもちろん、後任者の紹介もしっかりと行っておきたい。自分の最後の仕事として引継ぎ業務を責任を持って行うのが社会人としての最低限のルールと言える。


荷物整理・退職】
>>受け取りと返却は確実に。お礼の挨拶も忘れずに
会社から支給されたモノは全て返却。社費で購入した書籍や使い残した定期券なども最終的には清算する。会社のPCに入っているデータ整理もきちんと行っておこう。また、会社に預けている年金手帳や雇用保険被保険者証などの重要書類を受け取ることも忘れずに。最後は、お世話になった上司・先輩・同僚などにしっかりとお礼の挨拶&メールを行い、気持ちよく会社を後にしよう。

 

退職願いの書き方

 

1:社内に規定の書式や用紙がなければ、白無地の便箋を使用。黒インクの万年筆かサインペンで書く
2:表題は「退職願」が基本。「退職届」「辞表」といった表現は望ましくない
3:書き出しは行の一番下に「私事」または「私儀」と記入。行末に書くことで謙譲の意を表すのが礼儀
4:辞める理由に関わらず、退職理由は「一身上の都合」とだけ記入するのが一般的
5:退職日は上司と相談して決めた日付を記入
6:所属部署と名前を書き、その下に捺印する
7:宛名は会社の最高責任者宛にする。敬称は「殿」もしくは「様」。
自分の名前より上に来るように表記
8:白地の縦長の封筒を使用。表の中央に「退職願」、ウラには部署名と氏名を書く

挨拶状の書き方

 

退職に関する挨拶状は退職の1〜2週間前には用意し、
退職日より前に相手に届くよう手配しよう。


〈ハガキの場合〉
1:季節のあいさつから始める

2:退職日、入社日、転職後の予定を報告する

3:お世話になったことへの感謝の言葉を入れる

4:今後も変わらぬ付き合いのお願いする

5:書中でのあいさつに対する言葉を入れる

6:相手の幸せを祈る一言を添える

7:自宅、転職先などの連絡先を入れる

※印刷をする場合、余白に手書きで個人向けのメッセージを一言入れると、その後の関係においても有効だ。

 


〈メールの場合〉

社外の関係者でも、かしこまらない間柄ならメールでのあいさつ状もOK。

基本的な要素はハガキと同様だが、
メールの際には「拝啓」「敬具」「季節のあいさつ」といった表現は省略してもかまわない。

相手に対する感謝の言葉や、退職・転職に向けた気持ちや決意を、自分らしい言葉で表現したい。
余裕があれば相手に合わせて一言添えると尚良し。

自分なりの定型文で構わないが、宛先、社名・名前の間違いだけは再度読み直そう。
転職後も関係を続けていく相手なら、今後の連絡先を添えることを忘れないで。

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ