ホーム > 転職のヒント > 面接前に知っておきたい 20代SEの自己アピール「GOOD & BAD」ケーススタディ

転職のヒント

面接前に知っておきたい 20代SEの自己アピール「GOOD & BAD」ケーススタディ

社会人になって数年の経験を積んだITエンジニアが転職活動をするときの上手なアピール法とは? 人材コンサルタントのアドバイスをもとに、GOODケースとBADケースに分けてご紹介。あなたはどちらに近い?

この記事の評価
  • 54321

社会人となって数年間を過ごすと、新卒の頃には見えなかった業界の常識や自分の適性、興味の方向性も見えてくるもの。しかし転職を考えたとき、20代で経験した業務範囲もさほど広くない場合、何をアピールすればよいかわからず悩む人も多いのでは。ここではキャリアデザインセンターのシニアコンサルタント、板高昌宏氏のコメントをもとに、上手な自己アピールの形を探る。

CASE 1 業務経験編 : 「虚勢を張る」のではなく「事実を伝える」こと

業務経験3年SEの最大の強みは、それまでの業務経験そのもの。それも細々とした日々の雑務の繰り返しに近く、確固たる自分の強みを打ち出すほどの大きな経験も実績もないことがほとんどだろう。だからこそ気負わず、まずは自分が“業界標準”な経験とスキルを持っていることを理解してもらうことから始めよう。

板高氏は、企業の採用担当者が面接で20代SEの何を見るかをこう語る。

「人柄や技術力など面接でチェックされる項目はいくつもありますが、あえてひと言で括るなら『基礎体力があるかどうか』を見ているといえるでしょう」

20代SEに不可欠な『基礎体力』とはここでいう基礎体力とは、仕事を通じて、「何かを身につける」バイタリティのことを指していると板高氏。

「対人折衝力やプログラミング能力など、どんな能力であっても構いません。大事なのはその能力自体ではなく、『能力を身につける能力』なんです」

中途採用とはいえ、まだ20代であれば採用する側も現時点での能力そのものにはさほど期待していないのが実状のようだ。これまでに身につけたスキルは、「これからもスキルを身につけることができるかどうか」を示すための材料と心得よう。

実際に業務経験をアピールする際の要は、なんといっても具体性。
工数や期間は「すごく大きな」などの感覚的な表現を避け、数値で説明することを忘れずに。

CASE 2 技術力編 : 状況説明は最小限に、システム構成は一般的に通じる言い回しで。

SEである以上、欠かせないアピールポイントとなる技術力。しかし、形のないものだけにいざ説明しようとすると緊張してうまく伝えられらないことも。
技術アピールの3大鉄則を知る技術をアピールするときの鉄則は、「状況説明は必要最小限に留めること」、「技術用語は一般的に通用するものを使うこと」、そして「技術スラングを使わない」ことだ。自分が担当していたシステムが複雑であればあるほど、状況説明に追われて肝心の自己アピールができない事態は避けたい。

それ以上に避けたいのは、社内だけで通じる単語や技術スラング(例:ソースを精読することを『舐める』と言うなど)を知らずに使ってしまうこと。面接という公の場でくだけた言葉を使う時点で良識がないとも思われかねないし、技術についての理解が浅いととられても仕方がない。顧客と折衝する機会の多い業務の求人であれば、その時点でアウトになる危険性が。言葉遣いにはくれぐれも慎重に。

面接官は社外の人間だということを常に念頭に置いて話すこと。
これまで社内で使っていた『社内用語』は通用しない。複雑なシステム技術をいかにわかりやすく話せるかも1つのスキルだ

CASE 3 リーダーシップ編 : “どんな”リーダーだったかが重要

20代も後半ともなれば、後輩社員を指導する機会やリーダーシップを発揮してチームをまとめる機会に恵まれることもあるだろう。リーダー経験があることは、どんな企業を受ける場合にも有効なのは言うまでもない。

「リーダー経験をアピールするなら、20代はまさにオイシイ年代。ちょっとしたリーダー経験であっても、プラスに評価されやすいのです」(板高氏)

20代だからこそ有利なアピール材料たとえば数人の開発チームリーダーの経験をアピールする場合、20代であれば高い評価を得られる可能性は高い。しかし、30代では「それだけではリーダーシップがあるとはいえない」と、評価のハードルがグンと上がってしまうのだ。
実際にリーダー経験をアピールする際に重要なのは、成功実績だけでなく苦労した点やうまくいかず悔しい思いをした点を隠さず話すこと。うさん臭いととられかねない美談よりも、真実味のある苦労話のほうに人は惹かれるのだ。 

熟練したリーダーであっても失敗を完全には避けることのできないIT業界。
20代の若手SEともなれば、多少の失敗や挫折あって当然のことだ。完璧を装うより、努力した姿勢を晒そう


こうして一連のアドバイスを見ると、どの項目にも通じるのは、自然体であるということだ。

仮に転職活動時に上手にネコを被ったりメッキが剥がれることなく入社にこぎつけたとしても、その会社で毎日、長い時間を過ごす日々が待っているのだ。
無理して窮屈な思いをするよりも、のびのびと自分の良さを発揮できる会社に入るほうが長い目で見れば幸せなはず。

不採用になった場合も落ち込まず、「自分の能力を評価しない風土の会社に入らずに済んだ」くらいに思えばいい。
ただし、適当に仕事しているせいで実力が伴わないせいで転職ができないと思ったら、まずは今の職場での仕事に対する姿勢を見直す謙虚さも必要かも!?

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ