ホーム > 転職のヒント > クイズ 転職の常識 - すごい圧迫面接でした。私の評価が低いってこと??

転職のヒント

クイズ 転職の常識 - すごい圧迫面接でした。私の評価が低いってこと??

うっかり間違えて大変なことになる前に・・・。1分トレーニングで転職の常識を身に付けましょう!

※このクイズは「typeの人材紹介」のキャリアアドバイザーがお答えしています。転職活動における一般的な見解のため、すべてのケースにあてはまるわけではありません。予めご了承ください。

【解説】
面接の手法として、わざと答えにくい質問をしたり、厳しいことを言うなど、圧迫面接をしている企業はあります。
でも、あなたの評価が低いから圧迫面接をしているのではなく、窮地に立たされた時の対応力や、ストレス耐性をみているだけですので、ひるんだり、落ち込む必要はありません。
落ち着いて、質問の意図をしっかり理解し、答えるようにしてください。

ただ、こんなご時勢ですので、最近の面接の特徴として、「受からせる面接」ではなく、「落とす面接」をしている傾向は強まっていると思います。
つまり、いいところを引き出す加点方式の面接ではなく、悪いところを見つけようとするマイナスの面接です。企業の採用意欲があまり高くない場合は、残念ながら厳しい面接が多くなりますので、しっかりとした自己分析と面接対策をして面接に臨んでください。

「typeの人材紹介」では、転職のプロであるアドバイザーが面接官となって、実際の面接の場を想定した「模擬面接」のサポートも行っております。第三者 のアドバイスがあると自分では気づかなかったウィークポイントが発見できるもの。ぜひプロの視点を活用し、面接突破を目指してください。

 

※関連記事

[連載:後藤和弥③] お待たせしました!SIer採用、ついに本格始動!

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ