ホーム > 転職のヒント > クイズ 転職の常識 - 勤務先が倒産。 職務経歴書に書いたらマイナスイメージになる?

転職のヒント

クイズ 転職の常識 - 勤務先が倒産。 職務経歴書に書いたらマイナスイメージになる?

うっかり間違えて大変なことになる前に・・・。1分トレーニングで転職の常識を身に付けましょう!

※このクイズは「typeの人材紹介」のキャリアアドバイザーがお答えしています。転職活動における一般的な見解のため、すべてのケースにあてはまるわけではありません。予めご了承ください。

【解説】
これだけ不景気な世の中ですので、会社の倒産やリストラはもはや当たり前です。役員や経営企画など会社経営の中枢の仕事をしていたというのは別にして、倒産くらいはマイナスイメージにはなりません。 会社都合で退職された人より、自己都合で何度も転職を繰り返している人の方が不利になる可能性は高いと言えます。

ただ、注意しなくてはいけないのは、転職理由を聞かれた時、「前職が倒産した」だけを理由にするのはNGです。倒産はあくまでも転職のきっかけであって、 応募先へ入社を希望する「意欲」にはなりません。「○○のスキルを高めたい」「○○の分野でステップアップしたい」という、前向きな理由が必要になります のできちんと整理しておきましょう。

「typeの人材紹介」では、転職のプロであるアドバイザーが、魅力的な職務経歴書の書き方や、面接突破のためのノウハウを伝授。求人企業それぞれの選考 の特徴を把握しているので、「○○のスキルをもっとアピールしてください」や「次の面接では○○に注意してください」など細かなアドバイスも可能です。ぜ ひ一緒に転職を成功させましょう!

※関連記事

[連載:後藤和弥①] IT系求人はいよいよ全体的に復調モード突入! Web系求人が引き続き牽引しています

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ