ホーム > 転職のヒント > クイズ 転職の常識 - 本当は第二希望の会社。「弊社の優先順位は?」と聞かれたら正直に言うべき?

転職のヒント

クイズ 転職の常識 - 本当は第二希望の会社。「弊社の優先順位は?」と聞かれたら正直に言うべき?

うっかり間違えて大変なことになる前に・・・。1分トレーニングで転職の常識を身に付けましょう!

※このクイズは「typeの人材紹介」のキャリアアドバイザーがお答えしています。転職活動における一般的な見解のため、すべてのケースにあてはまるわけではありません。予めご了承ください。

【解説】

面接では「弊社の優先順位はどのくらいですか?」とか、「弊社は第一希望ですか?」などど聞かれる場合もあると思います。

第一志望ではない会社から聞かれた場合、一瞬ひるんでしまいそうな質問ですが、ここはサラッと「御社への志望度は高いです。前向きに検討させていただいております」と言っておくのがベター。

「2番目です、3番目です」などと具体的な順位を言う必要はありませんので、前向きな雰囲気でかわしましょう。

「typeの人材紹介」では、転職のプロであるアドバイザーが、面接で陥りがちな失敗例などもアドバイスしています。想定問答の入手や、アドバイザーとの模擬面接なども行っておりますので、ぜひ一緒に面接突破を目指しましょう!

[上手なソーシャルプロフィールの作り方] SNSの専門家直伝、お声が掛かるプロフづくりのコツ

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ