ホーム > 転職のヒント > 駅でどうしてもトイレに行きたくなったときの『完全トイレマニュアル』〜どんなトイレで排泄したいですか?〜

転職のヒント

駅でどうしてもトイレに行きたくなったときの『完全トイレマニュアル』〜どんなトイレで排泄したいですか?〜

突然襲ってきた腹痛。一心不乱に駆け込んだ駅のトイレ。扉を開けて中に入るとどうだろう。濡れた雑誌や飲みかけのコーラ、周辺には例のアレがアウト オブ バウンズ。でもこれを読めばそんな失敗とはもうおさらば!

【新宿駅】どこも汚いんだから『中央東口トイレ』へ行っておけ

「居心地の良いトイレ度」=広さ★★☆☆☆/紙の質★★☆☆☆/清潔感★☆☆☆☆/水量・水圧★★★☆☆/匂い★★☆☆☆

「新宿トイレ戦争」と言われるほど、常時混雑している新宿駅のトイレ。みなさんもご存知かと思います。とくに終電間際のトイレなんて、入れたもんじゃあございません。でも、どうしてもトイレに行きたいときってありますよね。それならばとエバタが敢えて選ぶのは、中央東口トイレ。東口に近いアルプストイレの方に人が流れ込むため、意外とこちらは空いてることが多い。南口トイレよりも新しいから、全体的に一瞬キレイに見えたりも……(?)。エバタが入ったトイレも不潔さは否めませんが、まあ許せる範疇のものでした。でも、安心はできません。実際にかがみ込んだとたんに目に飛び込んできた、壁の穴。紙で穴は埋められてはいましたが、なんだか得体の知れない恐怖がエバタを襲うのでした。

《番外編》新宿駅トイレのココはダメ
終電間際のトイレは、要注意です。社会という荒れ狂う波にもまれた人々が束の間の癒しを求めてやってくるのが新宿。ですが、うっかり調子にのってアルコールを摂取しすぎてしまい、あわや大惨事!という人々が、新宿駅には多いのです。ええ、あれはまさに東京ゾンビ。もし余裕があるならば、お店を出る前に用を足しておくのをオススメしますよ。

【渋谷駅】どうしてもって言うなら、『新南改札トイレ』まで堪えてみろ!

「居心地の良いトイレ度」=広さ★☆☆☆☆/紙の質★★★☆☆/清潔感★★★☆☆/水量・水圧★★★☆☆/匂い★★☆☆☆

若者の街・渋谷。昼夜問わず、ストリートで自らの存在をアピールするキッズたち。そんな街のトイレは、やはり少し荒れ果てた雰囲気を醸し出している。その街で、少しでも落ち着いてトイレがしたいという、ちょっとセレブなあなたには、新南改札トイレを使っていただきたい。和式・洋式ひとつずつ。暗い。遠い。ちょっと臭い。そんな場所ですが、都会の騒音はシャットアウトされ、とても静かな時間が流れています。荷物置き場も用意されているので、うっかり水浸し!なんてことも回避できるのが嬉しい。ただひとつ言えることは、遠い。とにかく遠いのです。動く歩道を2つ乗り継いで、階段を降りて、もう一回登った先にようやく現れるトイレ。緊急時にはオススメできない。

《番外編》渋谷駅トイレのココはダメ
一見キレイな南改札トイレ。だが、騙されてはいけない!このキレイさに誘われてたくさんの人が利用するため、すぐに汚くなってしまうのだ。エバタが行ったときには10分待たされた上に、トイレ全体が酸っぱい匂いで充満してました…orz。こいつは注意が必要です。

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ