ホーム > 日常を楽しむ > 情報処理技術者試験に合格すると有利にローンが組める!!

日常を楽しむ

情報処理技術者試験に合格すると有利にローンが組める!!

IT技術者にとって春・秋におなじみのイベント、情報処理技術者試験。仕事の役に立つ/立たないの議論は尽きませんが、ローンを有利に組めるのは間違いない事実だ、って知ってました?

スルガ銀行がSE(ITエンジニア)をサポートする目的で設立したネットバンク、その名もse(エスイー)支店をご存知だろうか?

エンジニア築き上げてきた『知識・経験・能力』を“ 固有の資産 ”と考えるスルガ銀行が、その“ 固有の資産 ”の向上・活性化をファイナンス面でサポートする目的で2000年5月に創設されたインターネット上の支店だ。

日本国内に住民票を持つSEであれば誰でもこのスルガ銀行エスイー支店に口座を開設することができる。口座開設希望者がIT技術者であるかどうかは、銀行の担当者が総合的に判断しているとのこと。

一般的なネットバンキングとしての機能(Web上での振り込み手続きなど)をひととおり備えていることに加え、最大の特色は「ITサポートローン」と呼ばれる、IT技術者に向けて金利を優遇してくれるフリーローン商品。ここでは、そのサービスについて考察してみよう。

キャリアアップ支援が主眼だが使用目的は自由。銀行指定の資格取得者には金利優遇のメリットが!

この「ITサポートローン」、申し込み条件は

1.       システムエンジニアとして1年以上の方(給与所得・個人事業主は問わない)
2.     ご契約時の年齢が満20歳以上で安定した収入があり、満67歳までにご返済可能な方


とある。IT技術者として働いている技術者であればほとんどがこの条件はクリアできるだろう。

基本的にはさらなるキャリアアップ・スキルアップの資金として活用してもらう、というのがITサポートローンの方針だが、使用目的に制限があるわけではない。
借りられる金額も初回の申し込みで100万円まで(最大300万円)と、限度額の枠が大きい。毎月の返済も、借りた額が50万円以下なら1万円で済むのはウレシイの一言。

なにより特徴的なのは、スルガ銀行が指定する資格のいずれかを取得済みであれば、規定の金利からさらに金利1%が優遇されること。なかでも、Sランクと呼ばれる難関資格に合格していれば、さらに+0.5%の金利優遇が受けられる。
⇒スルガ銀行が指定するITサポートローンの金利優遇対象資格はこちらを参照

Sランクには、公的資格だけでなくベンダー系資格、また中小企業診断士のように難関資格と呼ばれるものも含まれるが、情報処理技術者試験では意外にも「ソフトウェア開発技術者(旧・第一種情報処理技術者)」から上位の資格がSランクに該当。ソフトウェア開発技術者であれば、2~3年の業務経験のあるSEであればさほど合格は難しくないだろう。まさに、キャリアアップするほどローンの返済金額がおトクになるというわけだ。

この金利優遇は、ローンを申し込む時点で要件を満たしていなくとも、返済期間の途中で資格を取得すれば合格した翌月10日から適用される。試験に合格すれば金利が優遇される!と思えば、資格試験取得へのモチベーションアップにもつながるだろう。

ちなみに、特に資格を取得していない場合であっても、申し込みから3ヶ月間は「お試し期間中」として、金利が規定の半分で済むという特典がもれなくついてくる。教育訓練支給金(補助金)が入金されるまでの一時的な立替や、3ヶ月以内に返済可能な少額の借り出しには特に便利だといえる。

資格が仕事で有利に働くかどうかはその状況次第だが、少なくとも「有利にローンを借りられる」ことは間違いのない事実だ。

大学院への進学や専門学校でさらにスキルを磨きたいエンジニアにとってはありがたいシステムといえるのではないだろうか。活用……してみる?

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ