ホーム > 日常を楽しむ > 工場萌えスポット探訪 第8回「鹿島臨海工業地帯」

日常を楽しむ

工場萌えスポット探訪 第8回「鹿島臨海工業地帯」

茨城県のおすすめ工場地帯、鹿島臨海工業地帯巡りをご紹介します。

 港公園の目の前は製鉄所!

工場を、地上から、海上から、“空中”から楽しめる、
三拍子そろった数少ない工場スポットが、茨城県の鹿島臨海工業地帯だ。

 夜景も素晴らしい工業地帯

ここは工場好きにはたまらない、
工場観光インフラが整備されたありがたい地域。
展望台あり、クルーズありと、工場を様々な角度から眺められるのだ。

 展望台から工場地帯を眺める

工場巡りの拠点となるのが港公園。
公園からすでに工場が眺められるが、
公園内にある高さ52mの展望台からの眺めが絶景だ。
(営業時間8時30分~17時、第一水曜休み、大人190円)

 高所恐怖症の人はまじ恐いです

この展望台、なんと驚くべきことに窓がない、
完全青空展望台スペースがあること!
遮るものなく高さ52mから工場を眺める、
なんともクレイジーな展望台なのだ。

 展望台から眺めるとタンクが小さく見えるほど

展望台の後は、同じく港公園そばの鹿島港から出航する、
鹿島港内一周遊覧船ユーリカ号に乗ろう!

 土日祝日の13:30に出航するユーリカ号

45分間の工場三昧クルーズで、
海上から間近に工場を眺めることができ、
至福の時間を楽しめることだろう。

 船からの眺め。工場がすぐそばに!

展望台、遊覧船で楽しんだ後は、
地上から存分に工場を楽しもう。
一番の工場密集スポットは港公園の対岸に見える、
工業地帯東部地区だ(東和田地区)。 

 工業地帯東部地区の中心にある砂山公園からの眺め

 工場のパイプ群が目と鼻の先に! 

 電線マニアにもたまらない場所

昼間もいいし、夜景ももちろんいい。
化学工場が集まる工業地帯東部地区を、
地上から思う存分、楽しめる。

 まるでお城のような工場

夜景もいいが、明け方も美しい。
昼間のド迫力な工場もいい。
朝から晩まで24時間楽しめる鹿島臨海工業地帯へは、
ぜひ一度、行ってみることをおすすめしたい。

筆者プロフィール

かさこ

トラベルライター&カメラマン。
毎日更新の公式ホームページ・かさこワールドhttp://www.kasako.com/では写真や文章、旅行記など、数多く掲載中。
写真集「工場地帯・コンビナート」(グラフィック社)を2007/8に発売

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ