ホーム > 日常を楽しむ > メタボ君が行く!エンジニアの癒しスポット体験取材 第4回「愛は地球を救う―メタボの献血」

日常を楽しむ

メタボ君が行く!エンジニアの癒しスポット体験取材 第4回「愛は地球を救う―メタボの献血」

Webエンジニア、メタボ君の健康増進&ストレス解消やっつけ企画!今回は献血に挑戦!痛さと清々しさが混在する、ちょっとアブナイ献血ワールドへようこそ。

--遅ればせながら、あけましておめでとうございます!--

いやー、ついに2009年ですね。
といってももう1月も終わってしまいますが。
みなさん、今年の抱負は決めましたか?
僕の今年の抱負はもちろん「痩せること」です。目指すは脱メタボ!
ただそうするとこのエンジニアliveでの貴重な仕事(?)がひとつ減ってしまいます。
それはそれでマズイ…あぁやっぱり痩せるのやめるか。

さぁ今回のメタボは、“献血”!
かつて献血ブームなるものが訪れて久しいですが、
「注射イヤだからなぁ」と敬遠していた方も多いのでは?
かくいう僕もそうでした。
理由はそう、ただ一つ。「痛い」から。
「針で人体を刺す」という痛みの地獄の中に自分から飛び込み、
しかも血を抜かれてハイ終わり、って俺何にも得してねぇ!
そんな風に考えていました。
でもまぁ今回この企画によりやらざるをえない状況に。
観念して、やることにしました…

--横浜で献血!--

ただ、調べてみるとほんとに最近の献血ルームって充実してるんですね。
お菓子や飲み物が準備されているのはもちろんのこと、
献血ルームによってはドリンク飲み放題だったり、
退屈しのぎのためにDVDが観れたり、
すごいところではゲームができたりもするみたい。
何やらちょっとだけワクワクしてきました。

今回お世話になったのは、横浜駅西口献血ルーム。 

 
いちおうファイティングポーズ

→→迫り来る注射の魔の手に若干ビビリながら、いざ中へ!

筆者プロフィール

メタボ君

人材業界に携わる、Webライター兼エンジニア。ある日、すこぶる発達してきたお腹にようやく気付き、不健康なメタボライフを目の当たりにする。「世のメタボエンジニアのためになれば」と勝手な使命感を抱き、体当たりの取材を敢行する。

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ