ホーム > 日常を楽しむ > メタボ君が行く!エンジニアの癒しスポット体験取材 第7回「スポーツチャンバラ de ストレス発散!」

日常を楽しむ

メタボ君が行く!エンジニアの癒しスポット体験取材 第7回「スポーツチャンバラ de ストレス発散!」

スポーツ×剣道=スポーツチャンバラ!?いやいや、なかなかどうして奥が深い!男性も女性も老人もメタボも、全ての人がすぐにでも始められる、スポチャンの魅力に迫る!

この記事の評価
  • 54321

--実技開始だ!--

まずは基本動作を先生に教えてもらいます。

おうぎ打ち、すくい打ち、まわし打ちなどの攻撃のほか
防御の仕方・よけ方までを習います。

へー、叩かれてもあんまり痛くないんだなぁ。
これならビビらずにすぐ入り込めそう!

「よーしそれじゃあ始めましょう!」

生徒さんに混じって、全員で一列に並んで
基本動作の反復練習!

いい感じでノッてきました!


ヒャッホー! 

--子ども相手でも容赦しないぜ--

基本的な動作を学んだら、さっそく1対1の試合! 

 
メタボ侍、待機中 

まぁ最初は…ということで相手は小学生。
「おいおい、さすがに初心者の自分でも
小学生相手に負けはしないだろう!」
と余裕しゃくしゃくのメタボ。
礼をして、試合開始。

 

じりじり…

 

バシッ!!!!

 


礼 

 

…って瞬殺されてるし!
なんだアノ動きは!?
普通に殴られて、悔しい!

「大人と子どもの試合でも、やってみるまでは
どっちが勝つかわからないのも面白みの一つですよ」と細川先生。

いや、でも悔しいなー…
そんな痛くはないんだけど、超悔しい。

「あ、ちょうど今チャンピオンがいるのでやってみます?」

メタボ君、世界チャンピオンと対戦!!

…え?ちゃんぴおん?
なんじゃそりゃあ!

なんで偶然居合わせてるんだよ!?
ってか勝てるわけねーーー!

うん、たぶん最初からこうなるだろうなってわかってたw
太刀筋なんて全く見えませんでした。
(まぁ小学生の子の動きも見えなかったけど)

 

そのチャンピオンですが、とっても爽やかな青年でした。
2007年の世界選手権の覇者、
永井将史(ながいまさし)さん。
関東学院大学在学中の若干19歳!
この若さで世界トップクラスのアスリートなんだよなぁ、すげー。

 さてこちらは番外編。

チャンピオンと細川先生が試合をやるということで、
その模様を動画(メタボ初!)におさめてみました。
スポチャン世界最高峰の一戦、とくとご覧あれ!

「スポチャンって、すげぇんだなぁ」
二人の戦いを見て、そのすさまじさを実感したメタボ。
下段の攻撃をヒョイと跳んでかわしたり、
かと思いきやステップを踏んで予想もつかない角度から攻撃を繰り出したり。
上下左右、こんなに激しい攻防を繰り広げる格闘技ってほかにはないですよね。

ひとしきり感心したら、最後は生徒全員で一度に戦うバトルロワイアル!
すんごい戦いを目の当たりにして
意欲に燃えてきたメタボももちろん参加!

いやー、最後までしまらねーな…
でも楽しかった!
メタボ個人の感想としては、
スポチャンは格闘技と言うよりはやはりスポーツ。
ケガをする危険も少ないし、老若男女関係なく楽しめる。
そして何より、初心者でもすぐに参加できる間口の広さ。
「殴られたくない!」というシンプルな気持ちで
挑めるから、すぐにのめり込むことができる。
もちろん運動としてもイイ!

まぁでも、小学生には負けたくなかったかな…。

=取材協力=
NPO法人 東京都スポーツチャンバラ協会

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ