ホーム > 仕事力を鍛える > IT・SI業界 人脈構築戦略ガイド 第4回「サラリーマン生活を楽しもう!社外で使える人脈形成術」

仕事力を鍛える

IT・SI業界 人脈構築戦略ガイド 第4回「サラリーマン生活を楽しもう!社外で使える人脈形成術」

有名な人と出会いたいなら、「行動力」と「プレゼンスの向上」が必要だ。日々のちょっとした意識の違いによって人脈形成は大きく変わる!日々のサラリーマン生活がちょっと楽しくなるかも!?

この記事の評価
  • 54321

明けましておめどとうございます、神前悠太です。時が経つのは早いもので、IT・SI業界 人脈構築戦略ガイドの連載が4回目に突入しました。2008年は皆様にとってどのような年であったでしょうか?ちなみに、私は執筆作業(出版)に追われ激動の年でした。世界経済も激動でしたね・・・・。2009年も目標をきちんと設定し充実した1年にしていきましょう!何事も、最初のステップと継続する力が大切ですよ!

さて、肝心の4回目のテーマですが、「社外で広がる人脈形成」について説明していきます。

大型書店にいけば、「人脈形成」について数多くの本が出版されています。しかし、いざ本を買って読んでみると、実現不可能なことばかり書いてあるような気がしてなりません。「なんだよ!それは著者が有名人だから、結果論として有名な人脈を築けたんだろ!」そんな心の叫びが聞こえてきそうですね(汗)。正直な話、私もそう思っていました。

もっと一般的な人でも実現可能な人脈形成のノウハウを説いた本が必要なのではないか?と私はいつも感じています。最近では、千葉智之さんが執筆された「出逢いの大学」という本に、普通のサラリーマンでも素晴らしい人脈を手に入れる方法について面白い視点で書かれています。神前おススメの一冊です!

千葉さんの本をそのまま咀嚼し説明するだけでは新規性に乏しいので、神前自身の体験・考えを元に人脈形成のノウハウについて説明していくことにしましょう!
 

人脈をつくるのが上手い人の特徴は?

人脈をつくることに長けている人が世の中にはたくさんいます。ゴマスリが上手い人、口が達者な人、俗に言うコミュニケーション能力が高い人と言えばいいでしょうかね。これも一つの能力と言えるでしょう。

人脈をつくる上で一番重要なことは何かと問われた時、私なら、「行動力」「プレゼンスの向上」と答えます。

人と出会うためには、自分から動かなければ何も始まらないのです。これは第1回でも述べたように恋愛とまったく同じです。自分からアプローチしなければ相手に好意をもってもらえない、アプローチ=行動力は人脈形成とて同じことなのです。

「行動力のある人」と「行動力のない人」の違い

よく考えると人脈形成って営業活動と似ていると思いませんか?人脈を加速度的に作るためには、自分という商品を相手に知ってもらうこと以上に、商品そのものの価値を高める必要があります。つまり、プレゼンスの向上が必要なのです。あの人に会ってみたいから、とりあえず話してみよう!それだけでは残念ながら人脈は生まれません。あなた自身が魅力的でなければ、相手はなかなか寄ってきません。これまた恋愛と同じですよね。いくらアプローチしても、男としての魅力がなければお目当ての女性をいとめることができないのと同じです。もてる男は、外見だけでなく内面も美しいのですよ。

「プレゼンスが高い人」と「プレゼンスが低い人」の違い

そして、当たり前のことですが、相手のステータスがあなたより高ければ、あなた自身のプレゼンスが相手以上でなければなかなか対等にコミュニケーションをしてもらえないでしょう。
極端な例ですが、あの勝間和代さんと気軽にメールのやり取りをしたいと思うのであれば、勝間和代さんに認めてもらえるようななにかしらの光る武器(才能の片鱗)をもっていなければ実現は不可能でしょう・・・・・。

筆者プロフィール

神前悠太

1982年生まれ。16歳の頃から、「大学受験・大学院受験・就職・転職・人材育成」などの問題を趣味で研究。誰もやったことのないような新しいことに挑戦することが好きです。2008年12月16日に光文社より「学歴ロンダリング」を発売しました。

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ