ホーム > 仕事力を鍛える > なぜサンコーレアモノショップのUSBグッズはバカ売れするのか ~株式会社サンコー社長インタビュー~

仕事力を鍛える

なぜサンコーレアモノショップのUSBグッズはバカ売れするのか ~株式会社サンコー社長インタビュー~

USBを使ったおもしろグッズの販売で躍進を続ける株式会社サンコー。その創業経緯とビジネスを成功に導く秘訣を、同社代表取締役社長、山光博康氏に聞く。

ビデオカメラを内蔵したペンやネクタイ、掃除機機能つきマウス……。ありそうでなかったレアモノ、キワモノアイテムを販売することで知られるサンコーレアモノショップ。その運営会社である株式会社サンコーは、単に気を衒(てら)うだけでなく、実用性あるデジタルグッズをリリースすることで多くのユーザーに支持されている。創業当初は輸入・販売のみを行っていたが、今では自社開発製品も多数、取り扱っておりその勢いは衰えることを知らない。

しかし、なぜサンコーはここまでストイックにレアモノ道を突き進むのか。そこで同社代表取締役の山光博康氏にインタビューを試みた。

会社員時代の提案を却下されたことがきっかけで起業

株式会社サンコー
代表取締役 山光博康氏

もともと山光氏はPC周辺機器の輸入を手がける商社に勤めていた営業マン。実用品としての周辺機器をセレクトする一方で、後にサンコーレアモノショップで扱うことになるようなユニークなグッズが世の中にあることを知る。

「少数でいいから、そうした遊びグッズみたいなものも扱えばいいじゃないかと会社に言ったんですが、『(その商品が売れるという)マーケットが不明瞭だから収益予測が立てにくくて無理』とつき返されました」

悶々とするなかで、他にこういった商品を専門に扱う業者がいないことを知り、一念発起して起業したのが2003年のこと。開業資金は自分の貯金のほか、家族や親戚から借りて有限会社の設立に必要な300万円をギリギリ用意したのだという。

「もし売上が立たなかったら数ヶ月で破産する額ですよ。私自身、緻密な売上予測を立てているわけでもなく直感でイケる! と思っただけでしたから、今思えば無謀な起業だったといえますね」

ネット上に「サンコーレアモノショップ」を立ち上げた時点で扱った商品は全部で5点。
それも、大量ロットでの仕入れをするだけの資金がなかったため、「サンプルが欲しい」と数個単位で特別に輸入してもらったのだという。ちなみに、開店当時 の目玉アイテムは、mp3プレイヤー内蔵の腕時計。2003年当時、腕時計とmp3プレイヤーの組み合わせは他に類を見ない製品だったのだ。

「大々的に広告を打つ予算もなかったので、当社が扱う珍しいアイテムをマスコミで取り上げてもらえるように広報活動に重点を置きました」

その広報活動は功を奏し、注文が殺到。一瞬で在庫はきれいに売れてなくなり、ネットショップの在庫欄には「次回入荷未定」と書いたにも関わらず予約注文がひきもきらない状況に。

「あっという間に大量の注文がさばけて利益を確保できたのは幸運でしたね」

これを機に、サンコーは取り扱う商品ラインナップを徐々に拡充。ネットショップとして不動の地位を手に入れたのだった。

「単に物珍しいというだけでなく、あくまでも実用性にこだわって商品をセレクトしたところが、PCのヘビーユーザーをはじめ多くの方に支持していただけた理由かもしれません」

⇒次のページでは、サンコー自社製品開発までの道のりとレアモノグッズの「ヒットの法則」を聞き出します!

@type 市場価値診断 あなたの市場価値がその場でわかる!


エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン


typeのIT派遣 - ITエンジニア・技術者専門の人材派遣サイト


ページトップへ